CHOSEコンサルタントの選び方

中野茂徳NAKANO SHIGENORI

健康運動指導士
NSCA-CPT

コンサルタントに必要な資質コンサルティング=人

あなたがコンサルティングを依頼する際の大きな不安が
「(あなたの問題を解決するためには)
誰に頼めばいいんだろう?」ということだと思います。
それは当然のことで、
あなたが依頼するコンサルタントによって
あなたの結果は大きく変わります。
コンサルティングはやっぱり「人」です。

どの分野においても、コンサルティングは決して
安くはありません。
ただその投資はあなたがそのコンサルティングを受講して
知識を身につけ実践し、結果が変わり、
一度そのコンサルティング費用を回収したその後は
永続的にあなたの利益になります。
そういった投資の考え方ができるかどうか、
実になる投資にすることができるかどうかが
コンサルタントの選び方にかかっているのです。

COMMITMENT1-コンサルタント自らが
結果を出していること

当然のことながら、その分野で
(この場合ですとパーソナルトレーニングの分野で)
結果を出していることが重要です。
結果を出していないトレーナーが、
他のトレーナーに結果を出させることは到底できません。

専門技術やマーケティング等の集客法などの知識があっても、
自らがそれを実践しパーソナルトレーナーとして
結果を出したことのないトレーナーは論外だといえます。
実際にその経験がないにも関わらず
セミナーやコンサルティングだけを行ない、
それを収入源としている(自称)コンサルタントが多いです。

あなたと同じ業界(この場合ですとトレーナー業界)以外の
知見や人脈が豊富なコンサルタントをお勧めします。
トレーナー業界が長いコンサルタントですと
安心感はあるかもしれませんが、
わざわざお金を払って依頼する意味がありません。
むしろ他業界の知見や人脈を持っているコンサルタントは、
そこの強みを活かしてあなたの起業やビジネスの成功に
大いなる助けとなってくれることでしょう。

KNOWLEDGE2-理論的な知識・知見が
しっかりしていること

実践経験が豊富なだけではコンサルティングができません。
勘と経験は重要ですが、それだけのコンサルティングは
事前に仮説検証ができませんし、
自ずと結果にムラが出てしまいがちです。
トレーナー業界においても専門知識だけではなく、
その分野(マーケティング、人間関係構築法)の豊富な理論を
熟知していることが重要です。

自らの成功体験だけが
そのままあなたの成功に寄与するとは限りません。
その成功体験を理論化・普遍化し、
それをもとにあなたの具体個別のケースに落とし込んで
アドバイスすることができて初めて
有効なコンサルティングとなるのです。

これはある種の「地頭の良さ」と言えるでしょう。
コンサルタントは地頭が良いことは絶対条件です。
何も高い学歴や多くの資格を持っているのが
優れたコンサルタントだと言うことではなく、
様々なケースを一度普遍的な理論や原理に照らし合わし、
それをあなたの個別具体のケースに適応することができる
ことが真に優れたコンサルタントなのです。

FUSION3-理論と実践が融合されていること

つまり上記の1.2の双方とも兼ね備えていることが
コンサルタントのあるべき姿です。
理論に裏打ちされた実践、実践で検証された理論のもとに
行動設定ができるということ。

ペルソナ設定やPD CAサイクル、3C分析、
SWOT分析がどうこうと言うより、
それをもとにどのように実践したらいいのかを
個々人のケースに具体的に落とし込み、
実践につなげることによって結果を出させるコンサルタントが
優秀なのです。

EASY CAMPAIGN4-あなたが理解できるように
話をすること

優れたコンサルタントは、難しいことを分かりやすく
説明できる能力があります。
それはクライアントであるあなたにとって
分かりやすいことに加えて、
そのコンサルタントが本質的に分かっている
(理解している)ということの目安になります。

分かっていないコンサルタントほど専門用語や横文字を
使ってやたらと自らを知識があるがごとく見せたり、
クライアントに対する説明をうやむやにしようとします。
本当に理解しているコンサルタントは、
難しいことでも本質を理解しています。
いくら重要なことでもクライアントであるあなたが
理解しなければコンサルティング効果は出ません。
クライアントの理解を超えるような説明をしてくる
コンサルタントは要注意です。
本質を理解していないか、理解していても
それをあなたに伝える術を持ってないのです。

また、そのような難しい話を完全に理解しないまま
有り難がって聞いたりするあなたの姿勢も
気をつけなければなりません。
効果的なコンサルティングを望むようであれば、
あなたが理解できないことは直ちにその場で確認し、
理解するまで説明を求めた方があなたのためです。

HUMILITY5-人格者であり、
あなたと相性が合うこと

これは上記1から4を考慮する以前に
最も大事なことだといえます。
コンサルタントである以前に、信頼できる優秀な
ビジネスパーソンであることが最低条件です。
加えて人柄が良いこと、
何よりもあなたが信頼できることです。

謙虚さを持ち合わせていることも重要な条件です。
自信と謙虚さは違うものです。
むしろ自信があるからこそ謙虚であることができるものです。
自信がないコンサルタントは
クライアントの前で偉ぶったりします。
自信があるコンサルタントは分からないことは分からない、
できないことはできないとはっきり言います。
知識、知見を深めれば深めるほどに
自分の分かっていること分からないこと、
できることできないことの境界線を把握しています。

またいくら優秀であっても「あなた」と合わなければ
依頼するのはやめた方がいいです。
人は本能的に自分と合う合わないを察すると言われています。
これは良いとか悪いとかではなく、相性の問題です。
コンサルティングを依頼する前に第一印象や、
その後も話をしていてあなたが感じる感覚などを
大切に考えると良いでしょう。