中野茂徳Shigenori Nakano

パーソナルトレーナー/コンサルタント

パーソナルトレーナー中野のミッションとビジョン

私(中野)がパーソナルトレーナーをしつつ
トレーナー育成のコンサルタントをしているのは
私のミッション、ビジョンに起因しています。

私(中野)のミッションは以下の3つです。

・生涯にわたるフィットネスライフの提唱
・パーソナルトレーナーのステイタスの向上
・日本の健康寿命の延長

順を追ってご説明します。

中野茂徳のミッション-1「生涯にわたるフィットネスライフの提唱」

私(中野)とご縁を持たれた方々は皆さん
(パーソナルトレーニングに限らず)
何らかの運動習慣を持って頂きたいと考えます。

それは中野が推奨する筋トレである必要はなく、
ウォーキングやヨガ、登山やテニスなど
その方のお好きな運動なら何でも良く、
とにかく定期的に運動することによって
身体と対話をする習慣を身につけて頂きたい。

これは私(中野)自身が筋トレに出会って
疲れ知らずの身体と前向きなメンタルに変わり、
まさに心身共に充実することによって
現在のパーソナルトレーナー及び
トレーナー育成コンサルタントとしての
仕事に就くに至りました。

まさに筋トレで人生が変わる経験をしたのです。

自らの経験を多くの方々に享受して頂きたい、
運動することの素晴らしさを体感して頂きたい、
一生涯にわたって運動を楽しんで頂きたいと思い
今の仕事に従事している次第です。

中野茂徳のミッション-2「パーソナルトレーナーの
ステイタスの向上」

パーソナルトレーナーという職業は
今でこそライザップが話題になったことなどから
筋トレ(運動)と食事改善を通じて
ボディーメイクをサポートする人というのが
広く社会にも認知されつつあります。

しかしまだまだ
一部の芸能人やスポーツ選手が雇うような人、
という印象しか持たれていない人が多いのも事実。

その認知度の低さや、パーソナルトレーナー
=稼げない職業と言う思い込みの下、
トレーナーをしながら他に副業をしていたり、
節約と称してお昼をカップ麺でやり過ごしたり、
収入が不安定ということで保険に入れなかったり、
同じ理由で結婚できなかったりする人々が
まだまだ多いのが現状です。

パーソナルトレーニングをしている人は
(当然のことながら)運動で人々を元気にしたい、
人々の夢を叶えたい、人から感謝されたいという
熱い思いを持ってこの仕事を選んでいるはず。

そういった熱い思いと裏腹に現実的には
まだまだ職業として成り立ってない、
そこのギャップに本当に悔しさを覚えるのです。

トレーナーが専門知識や指導技術を活かすためにも
もっとビジネススキルを身に付けることによって
より活躍できる(稼ぐことができる)はずです。

パーソナルトレーナーがより活躍すること=
よりフィットネス人口が増えるということ=
健康寿命が延びるということにつながるのです。

パーソナル指導はマンツーマンであるが故に
指導できる人数に限りがあります。
それよりもフィットネス人口を増やすためには
活躍できるトレーナーを育成すること。

同時によりトレーナーのステイタスを上げ、
憧れられる職業にすることが大事だと考えます。

中野茂徳のミッション-3「日本の健康寿命の延長」

健康寿命と平均寿命の違いはご存知だと思います。

平均寿命は本当に亡くなってしまう寿命、
健康寿命は自分で自分の身の回りのことが
不自由なくできる寿命のことです。

そのギャップが10年以上の開きがあることは
意外と知られていません。

そこにおいて膝痛や腰痛による動きの制限、
筋力の低下による不活動、その先の寝たきり
という問題が発生するのです。

一方、平均寿命は医学の急激な進歩と共に
これから先ますます伸びていく傾向にあり、
まさに人生100年時代になるのも
そう遠い日ではありません。

ただし、それに伴って健康寿命が伸びていく
という保証はどこにもありません。
ということは、この2つの間にあるギャップが
どんどん長くなっていくのです。

こういった緊急事態を未然に防ぐためには
筋トレ(運動)が良いことははっきりしています。

しかし私(中野)がいくら1人で
頑張ったとしても影響力はたかが知れています。

それよりもより多くのトレーナーたちに
活躍して頂くことが運動人口増につながり、
私がそのようなトレーナー達に
より影響力を与える人間になることが
日本のフィットネス人口を増やし、
健康寿命を伸ばすことに寄与すると考えます。

長くなってしまいましたが、
上記3つのミッション実現のためには
パーソナルトレーナー業だけでは限界を感じ、
並行してトレーナー育成のコンサルティングに
尽力している次第です。