「理想のお客さまの集客法」カテゴリーアーカイブ

自分という商品をどう見(魅)せる!?  86

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

私(中野)が個別コンサルにて
まず取り組むことは、

そのトレーナーと
他のトレーナーとの決定的な違いは何か
ということ(ポジショニング)と、

その違いをターゲット
(見込み客)に向けてどのように
見(魅)せていくかということ。

 

 

いわゆるブランディング
というやつですが、

この戦略如何によって
その後の成功が左右されると言っても
過言ではないです。

 

(もちろんその前に
 ある程度の専門知識や指導スキル、

 そもそものあり方、人間性が
 必要なことは言うまでもありません。)

 

 

人は自分のことは

(分かっているようで)
客観的に見れないものです。

 

 

おおよそ自分では強みと
思っているものが、

ターゲットに対しては
全くそうでなかったり、

 

逆に自分では全く強みと
思っていなかったことが、

実は他の人にはない
“あなたならではの”強みであったり。

 

 

私(中野)の強みもまさに

自分では当たり前だと
思っていたことで、

第三者に見出してもらった次第です。

 

 

元々トレーナーではない
キャリアシフト組のあなたは、

指導歴が長いトレーナーと比べて
引け目を感じるかもしれませんが、
(転職組の私も最初はそうでした)

 

逆にトレーナーでない時の
知識、経験が、

トレーナーと掛け合わせると
多いなる強みになることが多いです。

 

 

専門知識や指導スキルで勝負すると、

はっきり言って上には上がいるので 
キリがないです。

 

 

では、あなたはどの分野において、
何で勝負するのか?

あなたという商品を
どのように見(魅)せて、

どうやって売り込んでいくのか?

 

 

第三者目線で見極めてほしい
というあなたはぜひ、

この度の60分無料コンサルに
どうぞお気軽にお申込み下さい。

真っ先に思い出してもらえる存在に  82

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

あなたが見込み客から
お問い合わせをいただくために、

また既存客にリピートしていただく
ために大事なことは、

 

「その方の脳内において」
あなたの専門分野で

真っ先に思い出してもらえる
(頼りにしてもらえる)存在になること。

 

 

パーソナルトレーナーの
あなたであれば、

運動関係や食事関係においては
真っ先に頼りにされるということ。

 

 

もっというと健康ごとにおいて
まず最初に頼られる存在になれば、

見込み客からは
お問い合わせをいただける、

既存客とは確固たるリピート関係を
構築できることでしょう。

 

 

ちなみに私(中野)は、 
更にその一歩上を行って、

お困り事(悩み事)において
真っ先に頼りにされる(相談される)
存在であることを意識しています。

 

 

ここでのポイントは
「その方の脳内において」

あなたの専門分野で
ナンバー1になれば良いということ。

 

 

決して誰から見ても
ナンバー1の存在でありなさい

と言っている訳ではありません。

 

(そんな存在なんてなれないし、

 そもそもどうやってナンバー1を
 判断するのかも分かりません。)

 

 

ただ、あなたの見込み客や
既存客の脳内において、

真っ先に思い出してもらえる
存在になりたいのです。

 

 

人の認知能力(脳内メモリー)には
キャパ(限界)があります。

(キャパの大きさは皆さん大小、
 人それぞれ。)

 

 

その限られた脳内メモリーにおいて

あなたが当該分野で
確固たる地位を確立し続けることが、

 

永続的なリピート関係、

或いはこれからの
新規お問い合わせにつながるのです。

 

 

日々思い出してもらうためには

あなたのコミュニティに
所属してもらい、

あなたの発信を常に目にする
(耳にする)環境にいるということ。

 

 

そのためにもいち早くあなたの
オンラインコミュニティを構築し、

運営し続ける必要があるのです。

どこの値段を基準にしてもらうか!  80

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

私(中野)の
パーソナルトレーニングは

基本的に1時間15000円で
提供しています。

 

 

おそらく業界の中では
かなり高額な部類に入ると思いますが、

お客さまの中でも何人かは
「安いねー」と仰る方もおられます。

 

(昨日はありがたいことに
 「せめて80歳までは宜しくね」と

 まだ63歳の方から言われました。)

 

 

ちなみにそんなことを仰る方々は、

ラ◯ザップを体験したことがある方々
だったりします。

 

 

あれは確か2ヶ月で

(諸々サプリ代等含めると)
50万ほどしたと思います。

 

 

私のセッションは
それと比べても同じように

(希望者においては)
食事指導もしながら上記の金額なので、
これは安いと…。

 

 

なおかつラ◯ザップと違って

リバウンドのない身体が
手に入るもんですから

「これは得だ!」と仰るのです。

 

(因みに皆さん総じてリバウンドして
 私の元にこられています。)

 

 

何が言いたいかといいますと、

あなたのセッションは
何と比べてもらいたいですか?

と言うことです。

 

 

おそらく1時間6000円の
整体や接骨院と比べられると、

私のような1時間15000円は
高いと思われることでしょう。

 

 

ただ、我々のサービスは

単に痛みを改善したり、
ダイエットを提供するでなく、

その先にある動ける身体、
疲れにくい身体づくりに貢献し、

 

最終的には一生涯健康でいられる

=一生涯好きなことを
やり続けることができる身体

を提供しています。
(少なくとも私はそう思ってます。)

 

 

とすると比較対象は
単に身体をほぐすマッサージや
痛みを改善する整体ではなく、

より高単価のエステや美容整形と
同列になってくるのでは
ないでしょうか?

 

 

あなたがそういった
より付加価値の高い、

高額サービスを提供する
マインドでいる限り、

 

今の金額を値上げすることは
決して悪びれることもなく、

(もちろんそれに応じた価値提供を
 することを前提として)

むしろ上げてしかるべき
ではないでしょうか?

独立してから集客じゃ遅い!  78

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

パーソナルトレーナーに限らず

何かしらクライアントワークで
独立起業を考えているあなたは、

ぜひともある程度の集客を
済ませてしまってから
独立することをお勧めします。

 

 

今や殆んどの企業において
(申請が必要な場合もありますが)

副業をすることが可能な世の中に
なってきています。

(それだけ終身雇用制度が
 崩壊してきているということ。)

 

 

これはクライアントワークにて
独立起業を考えている人にとっては
非常に好都合で、

堂々と外部に向けて
SNSなどを駆使し、

宣伝&集客することが
可能になってきたということです。

 

(それこそ昔は
 勤めている会社にだけは
 知られないように、

 副業をするなら内緒で
 しなければならない状況でした。)

 

 

私(中野)の場合は
元々スポーツクラブの会社に
勤めていたので、

社員時代から
パーソナルトレーニングを
提供していたこともあり、

 

それこそある程度の集客が
できている状態での独立だったので、

独立起業後はスムーズにビジネスを
展開していくことができました。

 

 

また私(中野)がサポートしている
コンサル受講生のKトレーナーは

今や副業ながら
パーソナルトレーニングを提供し、

 

平日の夜や休日の土曜日なども
常時セッション枠が塞がり、

本業と相まって
その多忙さを物語っています。

 

 

彼はおそらく今年、
或いは今年度いっぱいで
独立起業すると思いますが、

これはまさに
集客ができている状態なので、

垂直立ち上げが可能なはず。

 

 

独立してからの集客になると、

状況によっては
家賃などの固定費が発生しつつも

売上げがままならない
日々が続きます。

 

 

それだといくらあなたが
体力があるといても

少しずつ削りとられていくことは
間違いなしです。

 

 

であればやはり
会社からの固定収入があるうちに
独立企業の準備をし、

ある程度の集客ができた状態で
独立すればいいのです。

 

 

ビジネスの垂直立ち上げは
独立してからの頑張りではなく、

それまでの準備段階において
既に始まって(ほぼ完結して!?)
いるのです。

ご紹介による集客のメリットとは!?  75

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

私(中野)の
パーソナルトレーニングの
お客さまの7割以上は

ご紹介からのご成約です。

 

 

特にここ静岡は
横のつながりが強い県で、

広告やチラシの反応よりも
ご紹介によるお問い合わせが
多いのが特徴です。

 

 

ご紹介におけるメリットは
多々ありますが、

今日は主に以下の3つのご案内。

 

 

1つめは私の提供するサービス
(運動指導、食事指導)を
ある程度承知した上で来られるので、

そこにおける理解、認識の
相違はないことです。

 

 

およそ私を紹介されてきた方は、

筋トレが嫌ですとか、
バーベルは持てませんという方は

おられないです。

 

 

それはご紹介者から私(中野)が
どのようなパーソナル指導を提供し、

どのような方々を
サポートしているのかを
ご承知の上、

訪ねて来られるからです。

 

 

自らのことを
ある程度知っていただいた上で

お問い合わせに来られること。

これは非常にありがたい話です。

 

 

2つ目のメリットは、

来られた時点で
既にある程度私(中野)に 

信頼をおいていただけている
ということ。

 

 

信頼はシフトします。

この場合、ご紹介者した方と
ご紹介されてきた方との間では

既に信頼関係が成り立っているため、

 

その信頼関係の元にご紹介されたら、

私との関係性も
最初にお会いした時点から
ある程度できているのです。

(まさに「信頼はシフトする」
 ということです。)

 

 

向こうさま(お客さま)からしても
ある程度安心感を持って来られるし、

こちらもすぐさま
信頼していただけるので、

同じく安心感を持って
ご案内できます。

 

 

最後に何といっても大きいのが
広告宣伝費がかからないこと。

 

 

ご紹介は無料です。

なおかつターゲットとなる
お客さまを連れてきてくれます。

 

(たまにうちの主人も見て貰えますか?

 とターゲット以外の人の指導を
 頼まれることもありますが…。)

 

 

ともあれご紹介されてきた方とは

既に初めからある程度の
信頼関係ができており、

 

そういった方を
無料でお繋ぎいただけるとあらば、

それはそれは非常にありがたい話。

 

 

逆にデメリットとは

ご紹介されてくるが故に
(ターゲットのお客さまと違っても)

無碍(むげ)にお断りできない点です。

 

 

加えてご紹介された
向こう様からしても、

私との相性が合わなくても
断りにくいかも知れません。

 

 

私(中野)の場合、
初回の体験&カウンセリングで

私の指導がいまひとつ
合わないと感じたら
全然断ってもらってもいいし、

逆にこちらが指導をお断りする
可能性があります。

 

 

ということを
ご承知いただいた上で、

初回の体験カウンセリングに
応じます。

 

 

そうやってお互いに
気を使い合わなくてもいいように

予めルールを決めて
共有しておくことで、

スムーズにご紹介を
いただけるようになるのです。

 

 

この度は上記のような
ご紹介いただくことのメリットを
お伝えするとともに、

いかにご紹介をいただける関係性を
普段からお客さまと構築しているか?

 

 

あなたにとって


そのようなことを振り返る
機会となったら幸いです。

あなたのビジネスのハードコンテンツとソフトコンテンツは?  73

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

ビジネスコンテンツには

ハードコンテンツと
ソフトコンテンツがあります。

 

 

分かりやすく言うと、

ハードコンテンツはいわゆる
目に見えるコンテンツ(中身)、

サービスのこと。

 

 

一方のソフトコンテンツは
ハードコンテンツのように  

目には見えるコンテンツ、
サービスではなく、

その商品が本当に提供している
(目には見えないながらも)
本質的なサービス、価値のこと。

 

 

私(中野)が運営する
トレーナーオンラインコミュニティー

「Encourage Salon for Trainers」
におけるハードコンテンツは、

 

月1のフォーラムに招聘する
特別講師の登壇や、

定期的に開催されるシェア会、座談会。

私(中野)が提供するセミナーに
無料参加できることなど。

 

 

それに対しソフトコンテンツは、

そこに登録されたトレーナーが
(志を同じくした)他のトレーナーと
切磋琢磨することによって、

自ずと自らの求める理想の
トレーナースタイルが
実現できる環境であるということ。

 

 

あるいは自分独りで
悶々と試行錯誤する中において、

(よく似た境遇のトレーナーが
 集まることによって)

困りごとや悩み事をシェアしたり、
相談できる環境であるということ。

 

 

いずれにしても
コミュニティに属することで

自分独りで頑張っている訳ではない
ということを実感でき、

いざと言う時にも頼ることができる
安心感が手に入るということ。

 

 

ハードコンテンツは
目に見えるサービスなので
イメージしてもらいやすく

集客宣伝においても
いわゆる「映える」内容です。

 

 

に対しソフトコンテンツは

実際に利用してもらわないと
(コミュニティに所属してもらわないと)
体感できない部分もあり、

集客宣伝においてはアピールしにくい
内容かもしれません。

 

 

いずれにせよハード、ソフト両方の
コンテンツを把握しておき、

それぞれ状況に応じて使い分けながら
お客さまに提供していくことで、

あなたの商品(サービス)を
より価値あるものとして
お伝えすることができるでしょう。

 

 

ではお聞きしますが、

あなたが提供する商品(サービス)の
ハードコンテンツ、ソフトコンテンツは

果たして何になるでしょうか?

筋トレ好きだからこそ集客に苦労した!  62

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

実は私(中野)は筋トレが大好きです。
(何を今更…。笑)

筋トレをして得れる効果よりも、
筋トレそのものが好きなんです。

 

 

筋トレはやっている時に
それだけに没頭することができます。

仕事のことや家庭のこと、
プライベートなことは一旦さておき、

目の前のウェイトを上げ下げする
ことだけに集中できます。

 

 

この目の前のことだけに集中する
ストレスフリーな状況
(身体にはストレスですが…笑)、

いわゆるマインドフルネスが
堪らないのです。

 

 

それはさておき、
筋トレ好きな故に

最初は集客やリピート関係構築に
苦労した記憶があります。

 

 

それはパーソナルトレーニングを
受けるために
問い合わせをする人(見込み客)や
クライアントさま(既存客)は、

皆んなすべからく筋トレが好きだから
問い合わせをしたり、
セッションを継続している、

という認識に立って
指導をしていたからです。

 

 

その認識に立って指導すると、

筋トレについてこと細かく
説明する時のお客さまの聞く態度や、

パーソナルをお願いしながらも
筋トレをやりたがらない
その心境が理解できず、 

 

「そのために今ここに来てるんでしょ!」

という憤りに近い思いが
常に頭の中に浮かんでいたものです。

 

 

その前提を元に指導していると、

目の前にいるお客さま(見込み客)と
根本的に見解のズレが


生じてしまっていたのです。

 

 

お客さま(見込み客)にとっては

筋トレはあくまでも目的
(なりたい身体、
 発揮したいパフォーマンス)

のための手段に過ぎず、

 

それをすることなく
目的を達成できるとしたら、

できればやりたくないもの
だったのです。

(誰も好き好んでキツいことなんて
 したくない。)

 

 

私(中野)のような
筋トレそのものが好きな変わり者は

ごくごく一部。
(全体の1割にも満たないのでは!?)

残りの9割はすべからく
筋トレなんて好きではないのです。

 

 

ひと度その前提を元に指導すると
瞬く間に成約率やリピート率が上がり、

指導枠がパンクし、
キャンセル待ちになったのを
記憶しています。

 

 

もちろん指導においてお客さまに
少しでも筋トレに興味を持ってもらう、

好きになってもらおうとする
姿勢は大事。
(その方が目的を実現するのが早い。)

 

 

ただ、実際のところ
人を変えることはできません。

(以前の私はとにかく
 お客さまを変えようとしていた)

 

 

そうではなく、

自分が変わることによって
(結果的に)人が変わるのです。

 

 

以前の私はトレーニングの内容や
食事の仕方、おススメのサプリなど

とにかくやり方だけに拘って
何とかお客さまを
変えようとしていました。

 

 

でもまずはそういったやり方よりも
自らの考え方、あり方が先。

ひと度そのことを体感、
腹落ちしてからは、

 

「何事においてもまずは
 自らを変えること。

 人の前に自分が変わること。」

これがマインドセットとなった次第。

そもそも「価値」あるものなんて存在しない  60

「あなただけのお客さまを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

そのようなトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

「物事に価値なんてない。

 価値があると思う人が
 そこにいるだけだ」

 

 

という言葉は数年前に
お世話になっていた方から
いただいた言葉で、

今でも私(中野)の「価値」についての
マインドセットとなっている言葉です。

 

 

我々が思う「価値」とは、

先日お伝えした「機能」にあたる
部分が殆んどです。

 

 

その「機能」が「価値」に
昇華するためには、

その「機能」が
自分にとってありがたい、

これは役に立つと
感じて下さってこそ。

 

 

(いくら優れた「機能」があろうとも

 それが自分にとって
 良い(有意義な)ものと
 思ってもらえなければ

 「価値」にはなれないのです。)  

 

 

そういったことを鑑みると、

いくら我々トレーナーが
優れた道具だとか、

素晴らしい専門技術だと感じて
お客さまに提供していることも、

 

それがお客さまにとって
本当に価値があるものだと

感じて下さっているかを
よくよく考える必要があり、

 

むしろそういったものが

お客さまにとって価値があるものだと
感じていただくためには  
どうすれば良いか?を

常々自らに
問い続ける必要があるのです。

 

 

「そもそも価値は
 自分が決めるものではなく、

 お相手が決めるもの」

 

 

もっというと

お客さま自身が気づいていない
本当の所の「価値」が、

お客さまの心の奥深くに
きっとあるはず。

 

 

あなたはお客さまとの会話の中で

「そうそう、それが言いたかったの!」
とか、

「まさにそれをして欲しかったの!」
と言われたことはないですか?

 

 

そういったお客さま自身ですら
気づいていない「価値」
(「未充足の潜在ニーズ」ともいう)

を掘り当てた人に、
お客さまは100%ついて来るのです。

 

 

お客さまが「価値」だと
感じているものと、

自分が「価値」だと感じているものの
ギャップはまだまだありそうだし、

 

そもそもお客さま自身ですら
気づいていない
本当の「価値」について、

(お客さまと一緒になって)
深掘っていくことは、

 

これからもずっと
選ばれ続けるトレーナー
(トレーナーに限らずです)
になるために

非常に大切な要素に
なってくるのではないでしょうか?

3つのNOTをぶち壊せ! (その3)  58

「理想のお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

トレーナースタイルの構築を
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

随分と日が昇るのが早くなり、

朝の散歩には
最高に気持ちが良い季節です。

 

 

これから先は早朝でも
少しずつ暑くなってきそう…。


(あ、その前に梅雨が…。)

 

 

さて、先日よりお伝えしている

見込み客に問い合わせてもらうための
「3つのNOT(~しない)のぶち壊し」

ですが、本日は最終回。

3つ目の「行動しない」のぶち壊し
についてです。

 

 

3つのNOTについては
先日の記事をご参考に。

 

↓ ここから

 

マーケティングにおいては

3つのNOT(~しない)の
障壁があるのは

何度かお伝えしているとおり。

 

 

人は基本的に
「読まない(not read)」ものであり、

たとえ読んでも
「信じない(not believe)」ものであり、

 

なおかつ読んで信じたとしても
「行動しない(not act)」ものだと

いうことを前提に文章を構成すること。

 

 

この3つの障壁を乗り越えて初めて、

(我々の場合で言うと)
お問い合わせをしていただくことに
至るのです。

 

↑ ここまで

 

 

さて、あなたの見込み客が

1つ目の壁である
「読まない」をぶち壊された結果

あなたの記事を読んでくれたら、

 

次は2つ目の「信じない」の壁も
クリアしてもらう必要がありますが、

これはあなたに加えて
多数の「お客さまの声」によって
説得することが可能です。

 

 

しかしたとえあなたの記事を
読んでくれて、信じてくれてたとしても

尚且つそこから行動してくれないと
問い合わせには至りません。

 

 

行動してもらうには
「今すぐ」
動いてもらう必要があります。

なぜならば「今」が1番
見込み客の中で気持ちが
盛り上がっている時であり、

それを逃すと後は徐々に
下がっていくばかりだから。

 

 

あなたの見込み客に
「今すぐ」行動してもらうためには、

「今すぐ」行動してもらうための
理由による波状攻撃を仕掛けます。

 

 

それは期間限定であったり、
個数(枠数)限定であったり。

あるいは今でないともう間に合わないと
煽ることであったり、

今が運命の分かれ道(分水嶺)だと
未来を想起させるものであったり。

 

 

行動を誘発するにはそういった
「今」でなければならない理由を

どんどんとお伝えしていくのです。

 

 

さしずめ
パーソナルトレーニングであれば、

今回の申し込みは2週間後の
いつ何時までとしたり、

残り3枠が埋まれば
募集は一旦終了としたり。

 

 

今始めないと
夏にはもう間に合わない!であったり、

迷ってる今こそ決断しないと

あなたの未来は変わらず今のままだと
煽ってみたり。

 

 

とにかく「今」行動しなければならない
(問い合わせなければならない)
理由をあれやこれやくっつけて、

読んでもらい、信じてもらった
勢いを借りて
申し込んでもらうのです。

 

 

あなたが見込み客を煽るのに
決して悪びれる必要はありません。

 

 

そうやって問い合わせたお客さまが

あなたのセッションを
受けることによって
理想ボディを手に入れて、

 

どんどんと健康になり、
叶えたい夢を実現できたら、

それはそれで人生が変わることに
つながるのですから。

 

 

見込み客の重い腰を上げさせるには
どういった理由をつければいいのか?

どのような限定性を持たせるのか?

そのようなことを考慮しながら、
背中を最後に一押ししてあげるのです。

 

 

先日からの振り返りになりますが、

あなたが(集客のための)
情報発信をする際には、

マーケティングにおける3つのNOTを
ぶち壊すことを前提として発信すること。

 

 

その3つのNOT(壁)を
最初から順に1つずつ
壊していくことによって、

あなたの見込み客が
最終的にあなたに問い合わせする
(せざるをえない)状況を
つくっていくのです。

 

 

それはあなたの売上げアップ(安定)に
つながるのはもちろんのこと、

そもそもはまだ見ぬ
未来のクライアント(現在の見込み客)
のためでもあるのです。

3つのNOTをぶち壊せ!(その2) 57

「理想のお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

トレーナースタイルの構築を
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

さて前回はマーケティングにおける

「3つのNOTをぶち壊せ!」
と題するうちの

1つ目のNOTである
「読まない(not read)」を
ぶち壊しにかかりました。

(以下、昨日の記事より。)

 

 

↓ ここから

 

マーケティングにおいては

3つのNOT(~しない)の
障壁があるのは

何度かお伝えしているとおり。

 

 

人は基本的に
「読まない(not read)」ものであり、

たとえ読んでも
「信じない(not believe)」ものであり、

なおかつ読んで信じたとしても
「行動しない(not act)」ものだと

いうことを前提に文章を構成すること。

 

 

この3つの障壁を乗り越えて初めて、

(我々の場合で言うと)
お問い合わせをしていただくことに
至るのです。

 

↑ ここまで

 

 

では今回は2つ目のNOTである

「信じない(not believe)」の
ぶち壊しです。

 

 

基本的にお客さま(見込み客)は

発信側(提供者)の情報を
信じないもの

と思っておくべきです。
(特に情報過多の昨今は尚のこと。)

 

 

ただ、矛盾するようですが

心の奥底では「信じたい」と
思っているのです。

ということは信じるに足る材料を
提供することが我々の使命。

 

 

トレーナーの場合でいうと、

そのトレーナーの指導を受けた
お客さまがどのように変化したか?

どのような感想を抱いているか?
が確たる証拠になります。

 

(しかもその証拠ができれば実名、
 写真入りだと

 より信用性が上がります。)

 

 

そもそもお客さまの声がなければ、

発信者側(あなた)が
いくら良いことを言おうが、

「それってホンマ?」
と思われたらそこまで。

 

 

人に何かを説得する際は

1対1より1対2、
1対2よりも1対多の方が

その影響力が大きいのは当然のこと。

 

 

ネットワークビジネスが

ファミレスの隅っこで
見込み客を複数で囲い込んで

話しているところを
想像してみてください。

 

 

我々トレーナーの商品は
お客さまの元気(健康)づくり。

ということは我々が
説得力を高めれば高めるほど

 

お客さまが
(あなたのセッションを受けて)
健康になる可能性が上がるので、

やはりそこ(説得力)は
高めるに越したことはありません。

 

 

だとすれば証拠となる
ビフォーアフターの写真、
お客さまの声を

これでもかというほど
並べてあげるのです。

 

 

お客さまの声は3人だと
「その程度なの?」と
なってしまいますが、

これが5人以上になると
「まぁまぁあるよね」になり、

8人以上になると
「このトレーナー頑張ってるじゃん」
という評価に上がり、

 

12人以上になると
「このトレーナー凄いじゃん!」になり、

更にこれが15人以上になると

「もう充分わかったから
 買えば(申し込めば)いいんでしょ!」

というマインドになります。

 

 

つまりお客さまの声は
多ければ多いほど良いのです。

(ただしあなたが集めたい
 ターゲットのお客さまの声です。)

 

 

活動して間もないあなたは
モニター価格での提供でいいので

お客さまの声をいただける人を
とにかくたくさん集めること。 

(もちろんこれもあなたの
 ターゲットである必要があります。)

 

 

ではどうやってモニターを集めるのか?
は個別コンサル等でお伝えしていますが、

モニターには
(特別価格でご案内している分)
結果を出していただくことが必須です。

 

 

基本的にお客さまは「信じないもの」
…とはいえお客さまは「信じたいもの」。

そのことを前提に
どんどんと信じるに足る証拠を

見せて(アピールして)いきたいのです。

 

 

さていよいよ明日は
3つのNOTの最後、

「行動しない(not act)」
における障壁をぶち壊しにかかります!