nakano のすべての投稿

結果を出せる人の3つの特徴とは?  90

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

今までたくさんのコンサル受講生、
セミナーの受講生を見てきましたが、

結果を出している人には
3つの共通の特徴があります。

 

それは
「素直であること」
「勉強熱心であること」


「すぐに行動すること」です。

 

 

この3つの条件を
兼ね備えている人は、

すべからく結果を出すのが早いです。

 

 

男性も女性も30代はともかく、


40代を超えてくると
自分のやり方に固執するきらいがあり、

なかなか素直に人のアドバイスを
聞けなくなったり、

 

何事も自分流に解釈してしまう結果、
行動の妨げとなり、

結果が出るのが
遅くなってしまう方も多いです。

 

 

そもそもメンター(師匠、先生、先達)
がいないと、

自己流でどうやって
結果を出せるのでしょうか?

 

 

今までのあなたのやり方が
今のあなたが結果です。

結果を変えたいようでしたら、

既に成功しているメンター
(師匠、先生、先達)を
見つけるべきです。

 

 

例えば初めて富士山に登る際には

既に何回も登頂している経験者に
同行してもらって登るのと、

単独1人で登るのとでは
どちらの成功確率が高いでしょうか?

 

 

初めて大学受験をする際に
1人で勉強するのと、

塾や家庭教師、予備校に行って
先生に習った上で臨むのとでは


どちらの合格率が高いでしょうか?

 

 

そういったことは
誰しもが一目瞭然なのに、

ことビジネスになると
独力で何とかしようとする人が
いかに多いことか。

 

 

それだとなかなか結果が出ないし、
逆にそういう人たちばかりだからこそ

ちゃんと教えを乞うた人たちが
成功できるのです。

 

 

あなたはどうして1人で(独力で)
何とかしようとするのですか?

 

 

人生、時間に限りがあります。

その限られた時間において
結果を出したいようであれば、

 

いつまでも1人であれやこれやと
試行錯誤するのではなく、

あなたより先に
あなたの求める結果を出している人に

教えを乞うべきではないでしょうか?

 

(ポジショントークみたいに
 なってしまいましたが、

 事実そのとおりなのです。)

独立するなら必須のマインドセット!  89

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

私(中野)のマインドセットの中でも
「全ては(他責ではなく)自責」

というのは
かなり上位に位置します。

 

 

「全ては自らの責任」という
マインドでいることによって、

何においても自分のどこに
原因があったのかを振り返り、

自分の何かしらを改善しようとする。

それによって成長が促されます。

 

 

逆に他責にしてしまうと 
自分には何ら原因がない(悪くない)
と思ってしまい、

決して自らは変わろうとせず、
従ってそこには
永遠に成長はありません。

 

 

私(中野)のメンターは
そのまたメンターに

「郵便ポストが赤いのも自分のせい」

「電信柱が高いのも自分のせい
 と思いなさい」

と教わったそうです。
(そこまでいくと無茶ですよね。笑)

 

 

もちろん、そんなことまで
自分のせいにしてたら
それこそキリがないですが、

それぐらい自責マインドを持つことで、
自分に変化変容が促されるということ。

 

 

また自責マインドを持つことによって、

今悩んでいることは
周りの環境のせいではなく、

自らのコントロール下に
置かれるようになります。

 

 

悩み事や困り事において
周りのせいにしておくと
それはそれで楽かも知れませんが、

一生かかってもその問題は
解決できません。

 

 

ひと度、自責マインドを持つことで
俄然当事者意識が芽生え、

自らがその問題において
主導権を握り返すことになるのです。

 

 

かつての私は集客において

理想のお客さま(ターゲット)とは
程遠いお客さまが

問い合わせに来されることが
多々ありました。

 

 

これにおいては(失礼ながら)

なんで私のところにくるんだよ!
と思っていました。

 

 

しかし「全ては自責」マインドを
持ってからは、

そのようなお客さま(見込み客)を
引き寄せるのも自分の責任
と捉えることによって、

自らの情報発信を
よくよく省みるようになりました。

 

 

なかなか集客が芳しくないのも
他の誰でもない自分のせい、

お客さまとのリピート関係が
続かないのも自分のせい
と思うことによって、

自らのあり方や発信内容、
対人コミニケーションなども
改めて振り返るようになります。

 

 

何も自分の責任にして
自らのあり方を責めよ

と言っているのではありません。

 

 

そのように捉えることによって

初めて自らの言動、考え方を
振り返るようになり、

必死になって自らが改善を試みます。

 

 

あとはただひたすら

それを繰り返すことによって
人は成長していくのです。

(偉そうに言ってる私も
 できている時とできてない時が…。)

 

 

独立した際に
1番最初に身に付いた
(身につかざるを得なかった)

最強のマインドセットを
改めて思い出した次第。

決して運動(筋トレ)好きでなくていい  88

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

年末年始、世の中は
おめでたモードになっていますが、

私(中野)は実家の奈良に帰省中も
変わらずインプットにアウトプット、

加えて日々の筋トレと、

 

パーソナルセッションや
個別コンサルこそないものの、

お陰さまでいつもと変わらぬ
日々を過ごしてます。

 

 

さて、これはあくまでも
個人的な意見ですが、

トレーナーは決して
運動好き(筋トレ好き)でなくても
良いと考えます。

 

(どちらかと言うとそうでない方が、

 およそお客さまの気持ちも
 分かるというもの。)

 

 

なぜならば、お客さまにとっては
運動(筋トレ)はあくまでも

目的を達成するための
一つの手段でしか過ぎず、

 

それよりもフォーカスしたいのは、

お客さまお一人ひとりの
真の目的(夢)にあるからです。

 

 

それはカッコいい身体
(メリハリのある身体)を
つくることかも知れないし、

気持ちよく登山したり、

ジョギングしたりできる
体力づくりかも知れません。

 

 

ですので本当に
押さえておきたいところは、

お客さまの真の目的をお互いに
深い所で握っておくことであり、

 

あくまでもそれを達成するための
手段の1つとして、

運動(筋トレ)を推奨している
という心構えでいること。

 

 

ではトレーナーに最も必要とされる
資質はというと、

人の変化変容を
我が事のように喜べるマインドです。

 

 

私(中野)のマインドセットに

「人は変えることはできない。
 しかし人は変わることができる」

というのがあります。

 

 

つまりお客さまはこちらが
変えることはできないのですが
(変えるなどとは恐れ多い)、

変わりたいと思うお客さまを
サポートすることはできるし、

変わりたいと思うための
スイッチを押すことは可能です。

 

 

そういった
本気で変わりたいと思っている人の

変化変容に可能性を見出し、
それを全身全霊でサポートできること。

 

 

これこそがトレーナーや
コンサルタントも然り、

およそ人に何かを教える
立場にある人にとって、

必要欠くべからざる資質なのです。

 

 

繰り返しますが、

トレーナーは決して運動(筋トレ) は
好きである必要はありません。

 

 

必要なことは、
人の変化変容を心から喜べることと、

そのために自らも変わろうとする姿勢を
常に持ち続けていること。

 

(とは言いながらも、

 相変わらず筋トレが堪らなく
 好きな中野でした。笑)

学びにおいては部分最適はNO!  87

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

多くのトレーナーを拝見していると、

成果を出している人と
いまいち出せていない人との違いは、

「部分最適」か「全体最適」かの違い
だと言えそうです。

 

 

部分最適とは例えば、

集客のためのマーケティングについては
ある人から学び、

リピート関係構築のための
コミュニケーションにおいては
別の人に学び、

 

情報発信においては
これまた別の人に学びというように、

それぞれ部分部分をチョイスして
学ぼうとすることです。

 

 

一見して、
それぞれのスペシャリストから
学んでいるからいいじゃん

と思われがちですが、

 

およそ商売は

それら全体をいかにうまく
チューニングできるかどうか?

にかかっています。

 

 

うまくチューニングするためには
全体を見て、

今はどこの部分に最もフォーカス
したらいいのかを見極めたり、

自分に足らないボトルネックは
どこかを判断したり、

 

逆に自分の強みはどこに持っていくか
を練り上げるなどして、

学びの効果が最も出るように
=結果に結びつくように
アジャストするために

全体を俯瞰して見ることが大切です。

 

 

そのためには必要なことは、

この人についていくという
メンター(師匠)を見定め、

そのメンターから徹底的に学ぶこと。

 

 

私(中野)もご多分に洩れず
様々な部分最適を試みてみきましたが、

その中でも一貫して
この人についていくという
メンターがいたので、

 

それら部分最適が
うまくチューニングでき、 

今の結果につながっている
といっても過言ではありません。

 

 

今の話を聞いて
心当たりがあるあなたは、

来年度2023年こそ
飛躍の年にするためにも、

 

この人についていくという
メンターを見極め、

徹底的についていく、
徹底的にパクるということを
されたらと考えます。

 

(少なくとも私はそうしてきましたし、
 これからもそうしていくつもり。)

自分という商品をどう見(魅)せる!?  86

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

私(中野)が個別コンサルにて
まず取り組むことは、

そのトレーナーと
他のトレーナーとの決定的な違いは何か
ということ(ポジショニング)と、

その違いをターゲット
(見込み客)に向けてどのように
見(魅)せていくかということ。

 

 

いわゆるブランディング
というやつですが、

この戦略如何によって
その後の成功が左右されると言っても
過言ではないです。

 

(もちろんその前に
 ある程度の専門知識や指導スキル、

 そもそものあり方、人間性が
 必要なことは言うまでもありません。)

 

 

人は自分のことは

(分かっているようで)
客観的に見れないものです。

 

 

おおよそ自分では強みと
思っているものが、

ターゲットに対しては
全くそうでなかったり、

 

逆に自分では全く強みと
思っていなかったことが、

実は他の人にはない
“あなたならではの”強みであったり。

 

 

私(中野)の強みもまさに

自分では当たり前だと
思っていたことで、

第三者に見出してもらった次第です。

 

 

元々トレーナーではない
キャリアシフト組のあなたは、

指導歴が長いトレーナーと比べて
引け目を感じるかもしれませんが、
(転職組の私も最初はそうでした)

 

逆にトレーナーでない時の
知識、経験が、

トレーナーと掛け合わせると
多いなる強みになることが多いです。

 

 

専門知識や指導スキルで勝負すると、

はっきり言って上には上がいるので 
キリがないです。

 

 

では、あなたはどの分野において、
何で勝負するのか?

あなたという商品を
どのように見(魅)せて、

どうやって売り込んでいくのか?

 

 

第三者目線で見極めてほしい
というあなたはぜひ、

この度の60分無料コンサルに
どうぞお気軽にお申込み下さい。

リピートの肝(キモ)は心理的安全性  85

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

私(中野)は小学校時代、

スイミングスクールが嫌で嫌で
堪らなかった記憶があります。

 

 

特に後半はタイム級になると
ただひたすら泳ぐだけなので、

できなかった泳ぎが
できるようになった!


という習得感もなく、
ただただキツかった…。

 

 

当時は今より断然スパルタな時代だったので、
先生がやたら怖かったのを覚えてます。

(毎週どうにかして
 休む口実を考えていた。苦笑)

 

 

それを反面教師にして、

スポーツクラブの社員時代に
子どものスイミングを担当していた時は、

 

とにかく子どもたちに
「また来たい!」
「来週が待ち遠しいわ!」

と言って帰ってもらうために、

(厳しい内容ながらも)
どのような指導をしたら良いのかを
常々考えていました。

 

 

おそらくその経験が、

今のパーソナルトレーナーに
生きているといっても

過言ではありません。

 

 

そこそこキツい筋トレを
してもらいながらも、

しっかりとリピートしていただく。

リピートの肝は、
心理的安全性にあると捉えます。

 

 

心理的安全性とは、

その場(空間)においては
何をしても安全(安心)だけは

担保されていると言うこと。

 

 

そのためには

お客さまのいかなる行動や
発言に対しても、

まずは承認すること。

 

 

たまに誤った発言に対して
否定するトレーナーがいますが、

私(中野)は決して否定しません。

お客さまの言葉を飲み込んだ上で、
自分なりの意見をお伝えするのです。

 

 

さらに褒めることの大切さも
強調してもしすぎることはありません。

 

 

その際に大事なことは、

ただ手放しで褒めるのではなく
(それが必要な時もあります)、

他人ではなく、過去の自分と比較して
向上したことを褒めること。

 

 

そのような褒め方は
決して嘘っぽくなく、

他人を貶めることもありません。

 

 

他人と比較して褒めるということは、

自分のいないところで
自分がそれをやられている

可能性があるということ。

 

 

そのようなことを想起させると、

これまた心理的安全性が
崩れる原因になります。

 

 

ともあれ自分が承認され、
褒められる

安心、安全な空間が
嫌になるわけがありません。

 

 

永続的なリピート関係の肝は
まさにそういった所にあるのです。

継続の大切さをご理解いただいているか?  84

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

価値教育という言葉を
セミナーやコンサルにて
よくお伝えしますが、

我々トレーナーの場合はお客さまに
筋トレや食事の大切さは元より、

パーソナルトならではの価値を
お伝えすることは非常に大切です。

 

 

とりわけ運動(筋トレ)は
継続することが最も難しく、

それでいて最も大切であることも
合わせてお伝えしています。

 

 

トレーニングをしているあなたなら
分かると思いますが、

非常にキツいトレーニングをしても

翌日、翌々日が程良い筋肉痛を
感じるくらいで済む場合と、

 

そこまでハードにした
つもりではないのに、

次の日、或いは2日後に
エラく筋肉痛が来ることもあります。

 

 

なぜその差が生まれるのか?

これはコンスタントに
継続できているか、

できていないかの違い。

 

 

週に1度でも続けていれば、

それなりに運動に対する耐性が高まり、
タフになりますが、

 

ひと度2週間以上開いてしまうと、

それに身体が慣れてしまい
(ナマってしまい)、

ちょっとしたことでも
エラく筋肉痛が来てしまうんです。

 

(特にトレーニング経験がある方は
 久しぶりでもしっかりと動けるが故に、

 筋肉痛も大きい。)

 

 

また、
継続されているお客さまの多くは

間隔が空いてしまったことによって

改めて身体が硬くなってきたこと、
重くなってきたこと、

 

少し動いただけでも
息が切れやすくなったことに

気づかれます。

 

(これは運動を順調に継続している時は、
 決して体感できない辛さです。)

 

 

そのようなことを

他のお客さまに対しても
積極的に話題に出して、

改めて継続の大切さを
わかっていただくのです。
(価値教育)

 

 

あなたがパーソナルトレーニング
ならではの価値について、

また、筋トレや食事管理においては
継続することの価値をお伝えしていく
(教育していく)ことが、

 

お客さまのボディメイクや
健康の維持、増進につながると共に、

あなた自身の経営面においても
確固たる安定性をもたらすのです。

人は健康のために運動(筋トレ)はしない  83

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

ここ静岡は清水における
台風被害からの復興も

着々と進んでいます。

 

 

いつもウォーキングの際に通る
近所の公園は

未だにボランティアの拠点として
テントが張り巡らされており、

多数のボランティアの方々の
ご協力をいただいてます。

 

 

こうやって朝に
ウォーキングできることと共に

感謝の念が絶えません。

 

 

さてトレーナーのあなたは
もう気づいていると思いますが、

人は将来の健康のために
運動(筋トレ)はするものではない
ということ。

 

 

昨今言われるフレイルや
ロコモティブシンドロームなど、

確実に訪れる老化という
現実があるにも関わらず、

 

その予防のためにと
動かない(動けない)のは、

やはりいつのことになるやら
分からないことには

当事者意識を感じれないから。

 

 

であれば我々トレーナーは

いかに個々の眼前の目的や目標、
眼前の欲求を喚起し、

その実現にフォーカスすることで
運動(筋トレ)を促すことができるか?

 

 

私(中野)のお客さまも同じく、

将来の健康のためといって
運動(筋トレ)に励んでいる方は
(残念ながら)いないです。

(もちろん結果的に将来の健康に
 つながっていくことはご承知です。)

 

 

ゴルフのスコアを伸ばすこと。
社交ダンスを優雅にこなすこと。

颯爽と馬を乗りこなすこと。
空手で黒帯をゲットすること。

 

女の子に「すご~い」と
言われること。


同級生に「変わらないねー」
と言われること。

自分のお客さまに
「一体何やってるんですか?」
と言われること、などなど。

 

 

眼前の目的(欲求)の実現のためなら
今のちょっときつい筋トレも
頑張れるものであり、

そのことが結果的に
健康につながるのです。

 

 

私(中野)のミッションに
「健康寿命の延伸」がありますが、

何もそのためと思って
当事者意識を持って
今を頑張れる人なんていません。

 

 

であれば、いかに個々人の
その日その時の目的(欲求)に

フォーカスできるか?

 

 

「人は将来の健康のために
 運動(筋トレ)はしないもの」

という前提を予め持っておくと 


お客さまがやる理由を
どうにかして見出し、

それを共有することにも
もっと意識を向けるのでは
ないでしょうか?

真っ先に思い出してもらえる存在に  82

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

あなたが見込み客から
お問い合わせをいただくために、

また既存客にリピートしていただく
ために大事なことは、

 

「その方の脳内において」
あなたの専門分野で

真っ先に思い出してもらえる
(頼りにしてもらえる)存在になること。

 

 

パーソナルトレーナーの
あなたであれば、

運動関係や食事関係においては
真っ先に頼りにされるということ。

 

 

もっというと健康ごとにおいて
まず最初に頼られる存在になれば、

見込み客からは
お問い合わせをいただける、

既存客とは確固たるリピート関係を
構築できることでしょう。

 

 

ちなみに私(中野)は、 
更にその一歩上を行って、

お困り事(悩み事)において
真っ先に頼りにされる(相談される)
存在であることを意識しています。

 

 

ここでのポイントは
「その方の脳内において」

あなたの専門分野で
ナンバー1になれば良いということ。

 

 

決して誰から見ても
ナンバー1の存在でありなさい

と言っている訳ではありません。

 

(そんな存在なんてなれないし、

 そもそもどうやってナンバー1を
 判断するのかも分かりません。)

 

 

ただ、あなたの見込み客や
既存客の脳内において、

真っ先に思い出してもらえる
存在になりたいのです。

 

 

人の認知能力(脳内メモリー)には
キャパ(限界)があります。

(キャパの大きさは皆さん大小、
 人それぞれ。)

 

 

その限られた脳内メモリーにおいて

あなたが当該分野で
確固たる地位を確立し続けることが、

 

永続的なリピート関係、

或いはこれからの
新規お問い合わせにつながるのです。

 

 

日々思い出してもらうためには

あなたのコミュニティに
所属してもらい、

あなたの発信を常に目にする
(耳にする)環境にいるということ。

 

 

そのためにもいち早くあなたの
オンラインコミュニティを構築し、

運営し続ける必要があるのです。

究極のところ、人生応援サポーター  81

「好きなお客さまだけを集めて
 収入と時間をコントロールできる」

あなたが望むトレーナースタイルを
あなた仕様にカスタマイズします。

トレーナー育成コンサルタントの
中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

ここ静岡清水は

先日の記録的豪雨台風15号の
被害における復興も
随分と進んできましたが、

まだまだボランティアの方々も
ご活躍いただいてます。

 

 

営業を停止していたお店も
少しずつ再開し始めましたが、

いまだに再会できていない所も
引き続きあります。

 

 

他県より遥々ボランティアに
来ていただいている方々もいて、

感謝する限りでございます。

 

 

さて今日はいきなりご質問ですが、

あなたのパーソナルトレーナーの
定義はなんですか?

 

 

「運動指導、食事指導を通じて
 身体づくりをお手伝いする人」

といった所ではないでしょうか?

 

 

もちろんそのとおりですし、
それ以外の定義でも

合っているとか間違っているとかは
ありません。

 

 

ただ、
「あなたが成した定義によって
 あなたのサービスは規定されてしまう」

ということは
間違いなく言えるでしょう。

 

 

あなたの定義を
「運動指導、食事指導」と
括ってしまうと、

その分野における
お手伝いに限定されてしまうし、

 

「身体づくり」としてしまうと

ボディメイクに関わることだけに
なってしまいます。

 

 

私(中野)の場合は
究極のところ「人生応援サポーター」
だと定義しているので、

その人の幸せに関わることでしたら
どのような分野においても 

ありとあらゆる手段を尽くして
サポートしたいと考えます。

 

 

その手段の1つとして
(トレーナーであるが故に)

運動サポート、食事サポートが
大いに生きることは当然ですが、

それ以外のことでも
サポートしたいのです。

 

 

人生応援というと
大袈裟かも知れませんが、

幸せであるためには
まず健康であることが不可欠です。

 

 

健康とは
「いつまでもやりたいことに
 チャレンジできる身体であること」

だと定義します。

 

 

やりたいことがあるにも関わらず
健康面(身体面)がボトルネックで

諦めざるを得ない状況だけは
避けたいのです。

 

 

(可能な限り)ありとあらゆる
手段を尽くしてサポートし、

健康な身体を実現した上で
その人の幸せに貢献したいのです。

私はパーソナルトレーナーは
それが可能だと信じます。

 

 

はてさて、
今一度お聞きしますが、

あなたにおける
パーソナルトレーナーの定義は
何でしょうか?